空気を読めない人や場の雰囲気を壊す人、常識がない人などはメンバーに入れないようにしましょう。

幹事をするならココに気をつけよう!

注意点

合コンで幹事をするなら気をつけなくてはいけないポイント

 

メンバー

まずはメンバーについて、むやみに誘って頭数を揃えるのではなく、空気を読めない人や場の雰囲気を壊す人。常識がない人などはメンバーに入れないようにするのが重要なのはもちろん、異性の幹事から聞いている相手の雰囲気に合いそうな人を揃えるのが理想で、へんに人数を増やしすぎると負担も多く、自分側は人数が集まっても、異性側で苦労するケースもあるので、2対2~4対4くらいの人数の合コンが無難です。

 

お店

お店については、合コンに来る人の世代も考慮するようにしましょう。
若いノリでワイワイやりたいのであれば、安い大衆居酒屋のチェーン店などでもよいですし、落ち着いた年齢の場合は、うるさすぎず、落ち着いた雰囲気のお店にすると良いです。

 

料理もコースにしてしまうのが無難で、合コンは気を使って、食べたいものを食べれなかったり、バランスよく注文できないと、悪い印象を与えるリスクもあるので、コースにしてしまうのがお勧めです。ドリンクコースに種類がある場合は、女性側にカクテルの種類が多い方がいいのか?などの都合を聞いておくとよいでしょう。

 

予算

予算についても、合コンの世代や男女の職業にもよりますが、一般的には高すぎず、安すぎずで4千円程度のコースがおすすめです。5千円などのコースもおすすめで、若いグループでなければ3千円のコースなどケチりすぎるのはよくないです。

 

コースメニューで最初から予算を決めておくのも有効で、男女のお会計の比率を決めておかないと、いざお会計の時に女子が奢ってほしそうな雰囲気を出したり、男性が割り勘にもっていったりと、悪い印象を与えてしまうケースが高く、コースなどにしないで思わぬ高額会計になったりすると、幹事が多くださないといけない雰囲気になるケースもあるので気をつけましょう。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

合コンの幹事というのは、ただメンツを揃えるだけでなく、メンバー構成やお店選びなどもしっかり考えてやる必要があり、こういったセッティングをおろそかにすると、せっかく苦労して合コンを開催しても、合コンをやらないほうがよかったと思われたり、来なければよかったと思われる事もあるので、しっかり考えてセッティングを行ないましょう。

 

合コンをセッティングする人は読んでおきたい留意点など