オーダーしたドリンクが届くまでは、男性側が場の空気が和むような会話で間を持たせるのがマナーです。

合コンのマナー

 

男女の出会いの場として、最もポピュラーなのが「合コン」ですが、
合コンでの成功率をアップさせる為には、
事前に最低限の「マナー」を身に付けておくことが大切です。

 

そこで今回は、合コンで失敗しないためのマナーについて詳しく解説してみたいと思います。

 

合コンに参加する事が決まったら、
まずは、合コンに向かう前の準備をしっかりとしておく必要があります。

 

 

服装

合コンでは、基本的に初対面の男女が向かい合って話をする事になりますが、
その際に「第一印象」を決定付けるのは、その日に着用してきた「服装」です。

 

合コンでの服装で最も重要なのは、何と言っても「清潔感」です。

 

白シャツ

普段、短パンやTシャツなどのラフな恰好を好む人は多いかと思いますが、せっかく合コンに参加するからには、いつもと違った服装を心がけてみるのも一つの手です。

 

出来ればきっちりし過ぎていないカジュアルなシャツやジャケットを着用するなど、初対面の相手にも好印象を与えられそうな服装を心掛ける事が大切です。

 

 

 

率先して動く

また、先にも述べたとおり、初対面の男女が出会う場でもある合コンでは、
第一印象が命ですから、全員が揃ったらまずは「男性側が率先して動く事」が大切です。

 

参加者が全員揃った時点で、
まずは、男性側の誰かが率先してドリンクをオーダーしたり、会話で間を取り持ったりする等、
女性側を「リード」してあげるのが合コンでのマナーです。

 

ちなみに、合コンでの最大の難関は、
最初のオーダーをしてからドリンクが届くまでの時間」です。

 

通常、合コンでは初対面の人同士が集う事になるので、
最初のドリンクが届くまでの間は、
お互いに探り合って気まずい時間になりやすいという特徴があります。

 

しかし、ここでも男性側が気を利かせて、
場の空気が和むような会話で間を持たせる努力を行うのがマナーです。

 

間を持たせる会話のポイントとしては、「簡単な挨拶」を交わしたり、「男性側の幹事と女性側の幹事の関係性」について質問する等、相手が応じやすい会話を心掛けることが大切です。